• Wifi設置の際はセキュリティー対策をしっかりと

    ネットワークを利用している限り、マルウェア感染等のセキュリティリスクは常に存在します。

    目的に応じてWifiの設置サイトを見つけることができました。

    さらに有線LAN設置のみの環境と比較して、Wifi設置はさらにセキュリティリスクが増大します。
    オフィス内でWifiを利用するのであれば、セキュリティの脅威と悪意の可能性を把握したうえで、各種の対策を施す必要があるでしょう。



    Wifiのアクセスポイントの設置でセキュリティ対策を行わなかった場合、Wifi機器の電波の届く範囲(隣に住んでいる人や近くを通り過ぎた人、あるいは悪意を持って会社に近づく人)において、インターネット接続が可能になってしまいます。

    ビジネス環境においてインターネット接続ぐらい第三者に開放してしまって構わないという考え方は、非常に危険です。
    たとえばオフィスの回線を勝手に利用している通りがかりの人が、掲示板に殺人予告を書き込んだ場合IPアドレスから割り出されるのは当然ながら自社であり、オフィス内の人間が疑われることになります。


    このような脅威に対応するためには、無線LANにおいて最適な暗号化モードを選択したうえで暗号キーを設定することが大切です。



    無線LANが利用されてしまうということは、サーバーにアクセスされて重要なデータファイルがコピーされて持ち出されたりという、リスクがあるということです。


    無線LAN環境の場合は、オフィスの外からでも立地によってはアクセス可能になりますのでセキュリティー対策は、しっかりと行いましょう。