• Wifiの設置について

    Wifiの代表的な使い方は、自宅のインターネット回線に繋げてパソコンを無線LANで利用する方法です。自宅に引いたFTTHやADSLのラストワンマイル回線の終端を無線LANルータに接続する形が一般的で、無線区間はパソコンに搭載された無線LANの子機から無線LANルータ内の親機までです。



    暗号化の規格は宅内なので、セキュリティに脆弱性のあるWEPを使うこともありますが、最近の機器では、デフォルトでもっと上位の暗号化規格になっているため、問題はありません。

    速度も少し前の有線にまで近づいていて高速ですので、十分にインターネットの動画などの重いコンテンツも楽しめます。



    一方、外に目を向けると無線LANは公共施設やスーパー、コンビニでもスポット設置が増えてきているのでパソコンから高額なスマートフォンのテザリングをしなくても手軽にインターネットを使えるようになりました。
    旅行先などでも民泊Wifiという主に外国人観光客向けの定額サービスがあり、日本人でも利用できることから近くにWifiが設置されていなくても民泊Wifiで代替できるため心配はありません。



    今後はあらゆるものがiot機器化して、至るところに設置されてWifi接続によりインターネット接続がバックグラウンドで行われるでしょう。
    こうすることで無限に広がるビッグデータを収集し、iot機器へのフィードバックを繰り返すことで超ネットワーク時代が到来します。