• 通信費を節約できる簡単なWifi設置方法

    Wifi通信を行うため、ルーターの設置方法を2つ紹介します。



    自宅など建物内で使用するルーターと、外で使うモバイルルーターです。

    建物内でWifi通信を行う際、まずは光回線などインターネットに接続できる環境を整えます。通信会社と開通または転用の手続きを済ませた回線にルーターを接続します。接続を行う会社いわゆるプロバイダーが設置方法を提供してくれますので簡単にできます。



    そして、ルーターと建物内で使う端末にWifi通信の接続設定をします。
    接続方法は端末の説明書などに書いてあることもあります。
    次に、外で使うモバイルルーターの場合です。ルータに、通信会社と契約済みのSIMカードを挿入します。



    SIMカードをルーターに認識させる方法は、通信会社またはルーターの製造会社の説明書に詳細があります。


    そして、携帯通信の電波を受信したルーターと、外で携帯する端末を接続するための設定をします。
    先述の設置作業と似ているので、建物内で使う固定回線の設置経験があるとスムーズに行えます。Wifiは使った分だけ通信費用が多くなる従量課金とは異なり、好きなだけ通信できる安心があります。

    ただし、Wifiは固定回線、携帯電話通信網が接続されたルーターを使用するため、通信会社から請求される料金を確認する必要があります。

    固定回線は定額が一般的になりましたが、SIMカードは通信料に応じて料金が変動したり、通信量がある限度を超えると低速通信に切り替わることもあり得たい情報が快適に得られない状況に陥ることも。それに、ルーターと無線接続しているため、電波が届く範囲内で端末を使わなければなりません。

    生活スタイルに合った料金プランで、節約しつつ無駄のない通信環境を実現しましょう。