インターネットが一般の生活環境の中にこれだけ普及している時代であり、携帯電話として使っているスマートフォンさえあれば、自宅や会社のPC前でなくても、気軽にインターネットでお気に入りや人気のコンテンツを楽しむことができます。

そのインターネットをする上で、大事になってくるのが「Wifi」です。この「Wifi」は「Wi-Fi」とも表記し、無線LANに関する登録商標と定義されています。パソコンでインターネットをするために、有線LANケーブルを接続して行うケースがありますし、以前はこの方法のみでしか利用できませんでした。

これが有線LANによるインターネット回線接続です。対して無線LANというのは、ケーブルそのものを必要とせずに、電波通信によりインターネット回線に接続するというものであり、有線回線よりも断然人気です。この無線LAN(Wi-Fi)を利用するには条件が2つあります。1つ目は無線LANの電波をキャッチできる機能が機械に備わっていることです。それから2つ目はWifi電波を発信している圏内で利用することです。細かく言えば、その他、使用するWifi回線によって、それぞれ別のIDやパスワードが必要だったりします。

自宅でインターネットを楽しむ場合ですが、Wi-Fiがあればそれぞれの機器をケーブルで接続する必要はありません。もちろん最初にWi-Fiを使用するための準備が必要ですが、完了してしまうと、パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも、テレビやゲーム機器でも、全てWi-Fiでインターネット回線に接続することが可能なのです。

ルーター設置の必要がありますが、家の中のどこでもWi-Fiを利用することが可能なのです。このような便利さを知ると、やはり有線でのインターネット回線よりも、無線(Wi-Fi)でのインターネット利用の方が圧倒的に人気であるのは必然です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *