Wifiは有線ケーブルを必要としないで、無線で利用することができるため、自宅などでもケーブルに囚われることなく自由な場所で接続を行うことができるメリットが存在します。

実際に有線LANが自宅まで来ていれば、後は無線LANルーターを購入して接続するだけで済みます。無線LANルーターは、家電量販店やネット通販店でも販売されているため、そこから自由に選択して購入することも可能です。なお有線LANをWifiにする場合には、プロバイダに連絡をする必要もなく、自宅内のことなので自由に設置することができます。

Wifi化にする方法は簡単で、自宅に今まで有線LANで利用していたゲートウェイルーターが存在するはずです。そのゲートウェイルーターから無線LANルーターにLANケーブルで接続を行います。そして無線LANルーターの電源を入れて、パソコンやスマートフォンの端末から無線LANルーターからの電波を拾えるように設定を行うだけで可能です。もっとも無線LANルーターにはアクセスポイントモードとルーターモードの2種類が存在します。

Wifiで利用する場合にはアクセスポイントモードに切り替える必要があり、APかBridgeと記載されている方にツマミを合わせるだけで可能です。そして実際に受信端末で電波をキャッチすれば、SSIDとパスワードを必要とするため、それを入力してインターネットに接続します。それによってブラウザが起動してサイトを閲覧することができたら、インターネットに接続している状態になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *