Wifiを自宅で使うのはそれほど難しいことではありません。

自宅の隅々まで電波が届くWifiルーターの機種を購入し、説明書の手順に従って設置さえすればいいのです。何がメリットかと言えば、有線LANなどの場合は特定の部屋しか、しかも通常は一か所しか電波が届かないので、キャッチするパソコンの設置場所が限定でしか作業ができないのですが、Wifiであれば電波が届く限り自宅のどこでも作業ができるということがあります。

そうなると、移動しながらの作業もできるし、Skypeなどで画面を見ながら会話するというときには、部屋を変えて話し続けることも簡単にできるので、この上なく便利ということになります。一定の場所のみ限定ということであれば、何かの都合でその部屋が使えないときは作業できないわけであり、とても不便ということになります。

また来客などがあって、その人がWifiを使いたいというというときも、接続のためのナンバーさえ教えれば使うことができるので、これはとても役に立ちます。特に、外国から来たお客様はタブレットだけ持参し、Wifi電波をキャッチできれば、何事も可能という感覚ですから、うってつけの対応ということになります。

あらかじめ契約したプロバイダーとの回線契約さえあれば、海外の知り合いとのSkype交信もでき、顔を見ながら、あるいは知らせたい品物を画像で送りながら話せ、しかも電話代みたいなものは一切かからないので、通信費の節約にもなるというわけなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *