Wifiは無線LANの規格のひとつで、もっとも普及している無線LANの仕組みです。

無線LANはあくまでもローカルエリアのネットワークに接続する手段であるため、単に導入しただけではインターネットに接続することはできません。Wifiでは親機と子機という考えがあり、親機はWifiルーターと呼ばれるもので電波を発信してデータの中継を行います。子機は親機の電波を拾って接続して親機を通じてネットワークに接続します。

子機にはパソコンやスマートフォンなどの端末を指します。自宅で導入することも簡単に行うことができます。基本的に導入してインターネットに接続するためには、インターネット回線を用意する必要があります。あくまでもWifiは自宅などの一定のエリア内でケーブルを使わずに端末をネットワークに接続するための方法です。自宅に導入することは簡単に行うことができますし、取扱説明書通りにやれば難しいものではありません。

特にスマートフォンなどでは簡単に接続できる仕組みが元々備わっていますから、誰でも導入することが可能です。ルーターの価格も5千円程度から売られています。ただし、電波を使って通信を行うという性質上、ひとつ導入すれば間に合うというものではありません。

特に壁は電波を通しませんから、電波が届かない場所では使用できず、中継機を設置したり有線で引き込む必要があります。このためWifiはひとつの空間で端末を利用するもので、必要に応じて複数設置することで快適にインターネットへの接続が可能になるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *